水没後のすぐにすること

電源オフから拭き取りまで

iPhoneを水没させてしまった場合に最初にすることは、電源オフです。
なぜなら、電源が入ったままだと、液体によって部品がショートしてしまう可能性があるからです。ショートしてしまうと、データ消滅や電源が入らなくなる場合があるので、忘れずに電源をオフにしましょう。
iPhoneにカバーやアクセサリーをつけている場合は、外した方が良いでしょう。カバーなどの素材によっては、iPhoneの内部に液体が入ってしまうのを手助けしてしまうことがあります。さらに、カバーなどをつけたままだと、液体を拭き取る時に拭き残しができてしまうことがあるので、できるだけ早めに外しましょう。
液体を拭き取る際は、ホームボタンやイヤホンジャックの中などに水分が入りやすいので、特に丁寧に拭き取ります。小さな穴になっている部分は、ティッシュなどでこよりを作り、内側までしっかりとぬぐいます。

SIMカードの取り出しから修理依頼まで

SIMカードが濡れて破損すると、通話やデータ通信ができなくなる可能性があるので、こちらもしっかり拭き取ります。拭く時に力を入れてしまうと壊れるので、力を入れずにポンポンと水分を吸い取るような感じで行いましょう。
SIMカードは、iPhoneの側面にあるSIMトレイに入っています。バージョンによってトレイの場所が異なるので、場所が不明な時はアップルの公式サイトで確認しましょう。
SIMトレイには穴があり、そこにSIMピンを指して押し出すと、トレイが出てきます。
表面の液体を拭き取っても、内部には液体が残っている場合があります。密閉できる袋にiPhoneと乾燥剤を入れてから袋の口を閉じ、しばらく置くことでかなり乾燥させることができます。
しっかりと乾燥させても動かない場合は、修理を依頼しましょう。水没の場合、一旦動いても後でトラブルが起きることもあるので、一度チェックしてもらうと安心です。

iphoneの修理を吉祥寺でお願いしたい時は、お得な業者を選びましょう。割引システムを導入している業者なら、安心して修理を依頼できます。まずは見積もりを申し込むことがコツです。