水没に備えてバックアップをしておく

トラブルに備えてバックアップを取っておく

iPhoneを使っていて困るのが、交渉した際のデータの損失です。iPhoneを水没させてしまうと、修理や交換しなくてはいけません。このときにiPhoneにあるデータは復旧できません。スマートフォンには、失っては困る多くの大切な情報が入っています。連絡先や写真、メモ、音楽などが失われてしまうと困ります。そのため、日ごろからまめにバックアップをしておくことが重要です。バックアップをしておくと、修理や交換をした後にデータをiPhoneに復旧できます。
このバックアップの際は、故障してもデータが取り出せるようにiPhoneとは異なる場所に大切なデータを保存しなければいけません。外部にデータを保存する方法は二つあるので覚えておきましょう。

バックアップをする方法

バックアップはiCloudとiTunesでできます。iCloudはWIFIにつないでクラウド上にバックアップをする方法です。 iPhoneの設定にある名前AppleIDから進んでiCloud、iCloudバックアップと進んで設定をオンして今すぐバックアップを選択すればできます。ただし5Gしかデータは保存できません。 iTunesはパソコンにデータをバックアップする方法です。まずパソコンを起動してiPhoneをパソコンに接続します。そして、iTunesの画面にあるiPhoneのアイコンをクリックして概要に進み、今すぐバックアップをクリックするとバックアップが始まります。 ユーザーの方はもしものときに備えて、iPhoneのバックアップは忘れずに取るようにしましょう。

iphone修理を仙台でしてもらいましょう。iPhoneの修理は高い場合が多いです。仙台なら適正な価格で確実に修理を行ってくれます。