データだけ無事な場合

迅速な対応でデータを守る

つるっと手が滑ってiPhoneが水没!という経験をした事がある、という人いませんか?
水没して全く動かなくなり、電源すら入らない場合もあれば、電源は入るし、操作も出来ている状態のiPhoneもあります。動かくなった場合、ほとんどの人が修理に出しますが、操作出来てる場合はそのまま使い続ける人もいるはず。

最近のiPhoneは耐水性能が搭載されているタイプの物もありますが、もとよりiPhoneは水没に弱い機種です。そのままにしておくと、一部の操作が出来ない、あるいは突然動かくなってしまったという事態になるかもしれません。修理に出すと、中にあるデータはすべて消去されてしまいます。そうならない為にも早めの対応が必要です。

まずはデータのバックアップを取りましょう

本来、水没にした時点で電源を落とし、simカードを取りすぐさま、修理に出される事をお勧めします。
しかし、Appleや携帯会社に依頼した場合、端末交換の修理になるので、データは消去されます。iPhone修理店は端末交換ではなく、水没修理や、部品交換(端末を開けて分解し、水分を拭く、バッテリー交換)になるので、無事修理が終え電源が入れば、中のデータは失わずに済みます。

しかし水没したら、動くか電源を入れて確認する人がほとんどです。動いているのであれば、すぐにデータのバックアップを行いましょう。動いていても、時間が経つにつれて中の基盤が壊れていき、その内動かくなります。iPhoneの水没事故は日頃あり得る事なので、頻繁にバックアップしておきましょう。データをバックアップしたら、すぐに修理に出し、iPhoneが修理から戻ってきたら、水気のある場所は避け使いましょう。

自らの愛用しているiphoneの修理を川崎の店舗に依頼するという人も多いです。周辺エリアに多くの関連企業があることが理由といえるでしょう。