iPhoneを落としたり、動かなくなった場合どこに修理を頼めばいいか困ってしまうことはありませんか?iPhoneが急に故障してしまうと生活に支障をきたすと思うので値段や修理時間を用途に合わせて選んでいただけたらと思います。

画面のひび割れ

iPhoneの修理で一番多いのがこの画面の修理だと思います。ポケットから取り出す際や手が滑ってなどよくあることと思います。時間に余裕がなく早く治したいい方、お金をあまりかけたくない方いると思います。修理の方法はいくつかあるのでご自身にあった修理の参考にしてください。

町の修理屋さん

iphoneの修理というと、メーカーが正規に認めている店舗へ持ち込むのが一般的だと言えますが、それ以外の、町でよく見かける修理専門店を利用するのも便利です。この修理専門店は、メーカーの認可は受けて…

アップルケアに加入している

大事にしているiphoneをふとした拍子に落としてしまった。何かにぶつけてしまった。そして確認してみれば無事には動くものの、画面が割れてしまっていてまともに動かせない……。そんな経験をしている方は…

自分で修理に挑戦

壊れたiphoneの修理方法

落とすなどして壊れてしまったiphoneは、お店に行けば修理してくれます。大きく故障していても直してくれるので、便利なサービスですけど費用は高めです。安い料金で直したい場合は道具を用意すれば、自分でも行なえますがコツがあります。十分に対策をしておかないと失敗するため、問題が起こらない形で対応しなければいけません。 自分でiphone修理を行う時に気をつけたいのは、使われているネジの位置を把握する点です。利用されているネジは大きさに違いがあって、どこに使うかが分かりづらいです。分解する前に確認しておかないと失敗するため、写真などに撮って残しておくべきでしょう。修理方法を十分に確認しておけば、ガラスが割れるなどの問題でも対応できます。

自分で行える修理のやり方

iphone修理はお店に任せるのが安全ですが、安くすませるために自分で行う人もいます。ある程度慣れればそれほど難しくない作業ですけど、初めてする方だと失敗しやすいです。修理作業をするためには専用の道具と、交換するための部品を用意しなければいけません。どのような手順で作業するかも重要になるため、ネットの動画などで確認しておくべきでしょう。 十分な準備をしたら自分でもiphone修理はできますが、気をつけるべきポイントが存在します。特に注意したいのはバッテリーで、傷つけると大きな問題が起こります。パーツをはめる向きもトラブルになりやすいため、取り外す時にメモなどして記録しておきましょう。バッテリーやパーツの向きを気をつければ、自分で行う修理はそれほど難しくありません。

iPhoneが水没してしまった場合

水没後のすぐにすること

iPhoneを水没させてしまった場合に最初にすることは、電源オフです。なぜなら、電源が入ったままだと、液体によって部品がショートしてしまう可能性があるからです。ショートしてしまうと、デー…

データだけ無事な場合

つるっと手が滑ってiPhoneが水没!という経験をした事がある、という人いませんか?水没して全く動かなくなり、電源すら入らない場合もあれば、電源は入るし、操作も出来ている状態のiPhoneもありま…

水没に備えてバックアップをしておく

iPhoneを使っていて困るのが、交渉した際のデータの損失です。iPhoneを水没させてしまうと、修理や交換しなくてはいけません。このときにiPhoneにあるデータは復旧できません。スマ…

iphoneの修理は専門家に任せる

iphoneの修理は、専門知識がある人に任せたほうが安心です。精密機械なので、無理に自分で修理しないようにしましょう。